<< 交渉人 真下正義 | main | はみがきこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
涙そうそう
『涙そうそう』 監督:土井裕泰 日本/2006

テレビで妻夫木聡が役に入り込んでしまっていまだに長澤まさみが妹みたいだというような事を言っていて、そこまで入り込んだ作品ならすごいに違いないと思って見に行きました。

ネタバレ----------------------------------------------------------------------
妻夫木聡と長澤まさみは兄妹なのですが、でも血は繋がっていません。その事実を長澤まさみは知っているのですが、妻夫木は知っていないと思っています。(よくある話)
で、いろいろぐだぐだやって、結局妻夫木は心内膜炎にかかって25歳の若さで死にます。

最後の死んだ後に、成人式を迎える長澤まさみに、にーにー(兄)から着物が届くわけですが。 一滴の涙も流してない!  (一滴流れたあとがあるのは、多分目薬だ。泣き声だけなのです。)

なんだかんだで、多分どの役者もそこまでのめりこんでいないんだよなぁと。

Happy endで終わらなかった(のは良かった)し、おばーの言葉は良かったし、こう名もなく、血が繋がっているわけでもない妹のために一生懸命に働いて、夢をかなえそうなところでだまされて借金を抱えつつ、それでも妹を大学にやって、恋には破れ、こういう人生もあるんだなーというなんともいえない感じが良かったです。

ここまで、ドラマティックには行かなくても、所詮誰にも知られることなくただ生きていくのが人生なんだなと思えたのは良かったのですが、まあとにかくストーリーとしてはどこに重きを起きたいのか中途半端なので、見てみたいと思っている人は、テレビで放映されるのを待ってもいいと思います。
妻夫木聡、長澤まさみのいずれかのファンなら見たほうがいいのかなぁ。

すべての人の心へ -映画 涙そうそう 兄ィニィと過ごした日々-
すべての人の心へ -映画 涙そうそう 兄ィニィと過ごした日々-
| 2006年見た映画 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vino.jugem.cc/trackback/310
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
最後の授業 ぼくの命があるうちに
最後の授業 ぼくの命があるうちに (JUGEMレビュー »)
ランディ パウシュ,ジェフリー ザスロー
こんなに真剣に生きているかと思わされます。やらねば。
RECOMMEND
ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を (JUGEMレビュー »)
トルーマン・カポーティ
え! これってこんな話なの?!(映画見てないです。)
RECOMMEND
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書) (JUGEMレビュー »)
山崎 元
働こうと思っている人、働いている人は読んだ方がいいと思います。転職しない人も読むべし。
RECOMMEND
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL (JUGEMレビュー »)
小林 よしのり
戦犯と聞いて、東条英機しか思いつかない人は読みましょう。
RECOMMEND
ナラタージュ (角川文庫)
ナラタージュ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
島本 理生
後半、動きます!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS